2012年11月07日

豊胸手術も考えています… 相談

豊胸手術って?

言わずと知れた胸を大きくする手術のことで、
なにかしらを胸に入れることで乳房を大きく見せます。

その中に入れるもののことをプロステーシスと呼びます。

プロステーシスには様々な種類があり、
生理食塩水やシリコンなどがよく用いられるようです。


昔は非吸収性物質を胸に直接注入していたそうですが、
肉芽腫や硬化、潰瘍などの危険性が指摘され廃れました。


一部の医師によってはまだ行うこともあるようですが、
本当に信頼性が高いかは疑問です。




●大きくできればそれでいい?

豊胸手術には多くの合併症が報告されています。

プロステーシスの位置がずれたり壊れたり、
入れたことにより感染症を引き起こしたりします。


さらに、せっかく美しくなろうと豊胸手術をしたにもかかわらず、
乳房が変形してしまって台無し……
ということも少なくありません。




●自分の脂肪を入れればリスクは少ない?

脂肪注入法を画期的な豊胸術として注目する書籍もあります。
感触は自然な胸と同じで、発がん、拘縮の心配もない。


傷跡も注射の跡だけで目立たず、
感染も1〜2%程度に抑えられる。


一見優れた方法のように思います。


 しかし、そんな都合のいい話ばかりでもありません。


別の書籍では、豊胸術としての効果が全くない、
または極めて少ないとしています。

その上、生着しなかった脂肪が固まったり
腫瘍になったりすることもあるとのこと。

感染症も報告されています。

よい話ばかりで安易に判断せず、
信頼できる専門の先生に相談することが大切です。


posted by 綺麗なバストアップ at 09:18| 豊胸手術も考えています… 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。