2012年09月05日

大胸筋トレーニングでバストアップ


大胸筋と、女性のバストアップには大きな関係性があります。


大胸筋を鍛えるとなると、男性が筋肉トレーニングを
するイメージですが、女性が大胸筋を鍛えると、
歳と共に垂れてしまうバストを垂れなくさせたり、
ブラジャーをして、カップからはみ出し、横に流れてしまう
バストをカップに収め、バストアップや綺麗な谷間を作ることができます。


大胸筋を鍛える方法ですが、
さまざまな方法で鍛えることがで
きますので、いくつか紹介します。


まず、胸の筋肉を鍛える腕立て伏せ(プッシュアップ)です。
まずは、うつぶせに寝た状態から、肩のラインに沿って広めに手を置きます。


その状態からひじを立てます。
(正面から見るとMの字の状態)


そのままひじを伸ばし体を起こします。
(正面から見ると逆Vの字の状態)


この体勢が基本姿勢です。


この時、背中から足まで一直線になるように
しましょう。お尻が上がったり、カラダが反りすぎてはいけません。


基本姿勢から、ひじを曲げ、あごが床に着くくらいまで
ゆっくりと体を下ろします。


その後、ゆっくりと基本姿勢に戻ります。

また、このプッシュアップが辛い場合は、
膝を床に着けて行ってもかまいません。


バストを鍛えると同時に、
二の腕を引き締める効果もあります。


次に、チューブバンドを使い、
胸の上部を鍛えるチェストプレストレーニングです。


まず、立った状態で若干ひざを曲げたときに
肩の上にくる高さにチューブを固定します。


次に、脚を前後に開き、軽くひざを曲げます。


チューブバンドを両手に握り、肩の横に向けて腕を開きます。


その体勢からチューブを前方に伸ばします。

ゆっくり元の姿勢に戻ります。
これだけで、大胸筋を鍛えることができます。


その他にも、大胸筋を鍛えるトレーニング法はあるので、
自分に合った鍛え方を探してみて下さい。
posted by 綺麗なバストアップ at 23:12| 大胸筋とバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。